空間を共有するという体験に飢えている

f:id:Keisuke69:20211019210113j:plain

ひさしぶりのポエムです。

コロナ禍に突入してもうすぐ2年が経とうとしているわけだが、生活のあり方は大きく変わってしまった。仕事の面でもプライベートでも人と物理的に近い距離で接するということがそれまでと比べて極端に減ってしまった。

リモートワークに関しては去年コロナ禍が始まった頃に以下の記事で書いた。

リモートワークについて考えてみた - Sweet Escape

リモートワークは難しい。生産性悪くて当たり前 - Sweet Escape

リモートワークの是非については本題ではないし、推進派でも否定派でもどちらでもない。強いて言うなら好きにさせて欲しい派。リモートのほうが効率いい時はそうするし、会った方がいい時は会う、みたいな。

さて、リモートワーク中心になってオフィスはもちろん、飲みにも行かなくなって、好きなライブにも行かなくなったりしてるんだけどなんとなく最近は生活に張りがない感じがしてきている。

リモートワークでも仕事は全然回る。以前は効率悪くて当たり前と買いたが慣れた今となってはむしろ前よりいいかもしれない。一方で偶然から生み出されるものは少ないなーと感じている。別にイノベーションとかそんな大それたことじゃなくたっていい。雑談から生まれるであろう社会生活における心地よいノイズみたいなものが失われた気がしている。

音楽のライブもそうだ。大きな音を身体で耳で感じたり、時にゾクっとするようなパフォーマンスというものは家では体感できない。どんどん再開はされてるしワクチンも打ってるものの、どこのライブハウスも狭めの密閉空間であることからまだ少し抵抗がある。野外のフェスも今年はちょうどその時期に子どもが産まれた関係でパスした。

じゃ配信があるじゃないか、と思う人も多いだろうけど初期こそいくつか観たりしたが最近はもっぱら配信ライブには参加することがなくなってしまった。アーティストの支援という観点ではよくないんだろうけど、どうしてもライブハウスにおける前述のような体験は得られないので見なくなってしまった。そもそもアーティストの顔を見ることには大して興味がないこともある。

リモート飲み、Zoom飲みもそうだ。自分が単にオールドタイプであって若い世代とかネットワークと画面越しでも同様の体感と満足感を得ているのかも知れない。順応していると言うか。

ではこの感覚とか求めてるものは何なのかなと考えてみると、自分が欲しているのは自分以外の人と空間と体験を共有するということなのではないかと思えてきた。

同僚とのホワイトボードを前にしたディスカッション、ライブハウスに集まる人々の熱気、親しい友だちなどとの飲み会。技術イベントやカンファレンスなんかも同様だ。いずれも本質的な部分は充分代替出来てるんだろう。

でも何かがやはり物足りなく感じるのだ。

時間と場所と空間をその場にいる人たちとリアルタイムに共有すること、つまり体験を共有することこそがこの2年弱の期間で失ったものであり求めているものだった気がしている。

そして当時は気づいてなかったがとても貴重な瞬間だったんだろう。

世界は近くなったようで遠くなった。そして味気なくなった。

BitriseでCocoaPodsのバージョンが古くてBuildが失敗するときは

f:id:Keisuke69:20210302154651p:plain

React Nativeのアプリを開発してるんですが、そのビルドにBitriseを使ってます。

最近、そのプロジェクトにFirebase Analyticsをセットアップしたんですが、その際にCocoaPodsのバージョンが古いと言われてアップデートしていました。

さて、そのプロジェクトをBitriseでビルドしようとすると同様のエラーが出てビルドが失敗します。僕の場合は以下のようなメッセージでした。

[!] `GoogleAppMeasurement` requires CocoaPods version `>= 1.10.2`, which is not satisfied by your current version, `1.10.1`.
command failed, error: pod install failed: exit status 1

手元のマシンでエラーになったのと同じエラーが出たんですが、手元のマシンではさくっとCocoaPodsをアップデートして解決した問題をBitriseではどうしたらいいのか。

正解は Gemfile.lock を用意してバージョンを指定する、です。実はドキュメントにも書いてあります。Gemfile.lock ではなくて Podfile.lockでもいいそうなんですけどどうやって書けばいいかよくわからなかったのでGemfile.lockを用意する方法にしました。

まず、以下のような内容でGemfileを作成し、プロジェクトのiosフォルダ直下に保存しておきます。

# frozen_string_literal: true

source "https://rubygems.org"

git_source(:github) {|repo_name| "https://github.com/#{repo_name}" }

gem "cocoapods", ">=1.10.2"

実際に指定するバージョンは各自の事情にあわせてください。

これを用意したらbundle installを実行します。そうすると同じフォルダ内にGemfile.lockができあがります。そしてこのファイルをコミットしておきます。

そうすると、Bitriseはpod installの実行時に利用するCocoaPodsのバージョンをここで指定されたバージョンで実行するようになります。

2021年9月に買った本/マンガ

2021年9月に買った本たちです。9月はいつにも増して消化できなかったので積読がさらなる勢いで増えてます。

書籍

リーン・スタートアップ

これは有名な本ですね。紙の本は以前買って読んでたんですがすでに手元にないので安くなってたKindle版を改めて購入。

達人に学ぶDB設計 徹底指南書

久しぶりにRDBMSの論理設計について復習しようと思って購入。2013年発刊と少し古いものRDBにおけるテーブル設計の原理原則については変わることあまりないので。

このブログ書くのに改めて検索したら2018年に第2版が出ていたようで残念。第2版はKindle版のみの模様。

コンテナ物語 世界を変えたのは「箱」の発明だった

コンテナといってもDockerコンテナとかの話ではなく、輸送コンテナの話。半額セールをやっていたので購入。でもTwitterで聞いたらみんな知人がみんな面白いといっていたので期待。未読。

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

かの、有名かつ伝説の起業家ピーター・ティールがスタンフォード大学で行った起業に関する講義をまとめた本。ピーター・ティールと言えばPayPalですが、それ以外にもPalantirやFacebookなど名だたる企業に関与してるPayPalマフィアのドンすね。

コミック

弱虫ペダル 74

またロードに戻ってきた。この漫画、基本的には同じ内容が繰り返されるだけなんだけどどうしてこんなに読み続けられるのかな。いっときのクロスバイク編で脱落しかけたけどロードに戻ってきてまた面白くなってきた感。

パリピ孔明(1)

Amazonをぶらぶらしてたらたまたま見つけたんだけど、タイトルに惹かれて購入。でも未読。

東京卍リベンジャーズ(24)

いよいよ最終章って感じ。強くて新しいキャラクターたちも登場してきた。マイキー救えるのかな

金色のガッシュ!! 完全版

金色のガッシュ!! 完全版 (全16巻) Kindle版

これはKindle版が全巻半額になってたのと知人におすすめされたので購入。読んだことなかったんだけど面白いじゃないか。まだ途中。

機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還(22)

外伝的なやつ。面白いんだけどさすがにちょっとダレてきた。早々に結末知りたい感じ。

九条の大罪(3)

ウシジマくんの作者による新作の3巻。相変わらずえぐるような話が多い。

女の園の星(1)

最近注目の和山やまの作品。Kindle版が半額になってたタイミングで購入したんだけど今も少し安くなってるみたい。

ケンガンオメガ(10)

前作、ケンガンアシュラの頃から読んでるけどストーリーがあまり進まないのよね…

宇宙兄弟(40)

ムッタとヒビトがついに宇宙兄弟になった(ネタバレ)

機動戦士ガンダムF90FF(5)

F関連の外伝。第2部の始まり。

小説

今月は小説はなし。ていうかいい加減三体を読むなり聞くなりしないと。

というわけで2021年9月は意外と少なかった。

Monthly Serverless Update 202109

f:id:Keisuke69:20210701084133j:plain 2021年9月のサーバーレス関連まとめです。こちらのイベントの内容です。

あと、本文最後にお知らせがあります。

serverless-newworld.connpass.com

(Update)

アーカイブはこちら。

www.youtube.com

とりあげるサービス

クラウドのサービスは大体このあたりを中心に取り上げます。

AWS

AWSはre:Inventが近づいてきたからか大きなアップデートはない感触。

Amazon EventBridge スキーマレジストリのクロスアカウントイベントの検出

Amazon Pinpoint、SMS 受信時の暗号化 SNS トピックに対応

Amazon Elasticsearch Service が Amazon OpenSearch Service となり、OpenSearch 1.0 のサポートを追加

AWS Amplify が Amplify CLI コマンドの実行時にカスタムスクリプトを実行するためのコマンドフックを発表

AWS ParallelCluster が Amazon API Gateway を介したクラスター管理のサポートを開始

Amazon Aurora Serverless v1 が設定可能なオートスケーリングタイムアウトをサポート

Amazon DynamoDB では、AWS CloudTrail でストリーミングのデータプレーン API アクティビティをフィルタリングできるようにすることで、監査ログ記録のよりきめ細かい制御が可能に

AWS Lambda now supports triggering Lambda functions from an Amazon SQS queue in a different account

AWS Lambda Functions Powered by AWS Graviton2 Processor – Run Your Functions on Arm and Get Up to 34% Better Price Performance | AWS News Blog

GCP

Customer managed encryption keys are now at general availability

You can now configure Cloud Run services to have CPU allocated for the entire lifetime of container instances.

これはUpdate情報だとさらっと書かれてる感じですけどこっちのブログとかのほうが詳しいし、嬉しさがよくわかるかと。

サーバーレス コンテナ Cloud Run に待望の新機能 Always on CPU が登場しました | by Shingo | google-cloud-jp | Sep, 2021 | Medium

Cloud Functions now supports PHP 7.4 at the General Availability release level

Firestore triggers for Cloud Functions are now supported at the General Availability release level.

Added DATA_READ and DATA_WRITE Data Access audit logs.

  • いわゆる監査ログが取れるように
  • Firestore上のデータに対するアクセスを全部ロギングできる。ログはCloud Loggingで見る。
  • トラブル調査にめっちゃ役立った。けど料金的にはどうなのか不明

Azure

Azure Cosmos DB: Azure Functions extension version 4.0 in public preview | Azure updates | Microsoft Azure

Public preview: Distributed tracing for Java apps on Azure Functions Linux | Azure updates | Microsoft Azure

Azure Functions runtime 4.0 is now in public preview | Azure updates | Microsoft Azure

その他

Deno Deploy Beta 2 | Deno Blog

At Next.js Conf 2021, let’s make the Web. Faster. – Vercel

  • またNext.js Confやる模様
  • 10/26にオンラインで

Jamstack Conf 2021 Speaker Lineup

  • Jamstack Congのスピーカーが発表になった様子
  • こちらは10/6,7

How New Netlify Product Updates Accelerate Enterprise Development

  • チーム開発する上での機能群を提供する模様
  • Enterprise Grid planというのも発表。これは複数組織、複数チームを持つエンタープライズ企業向けの請求周りの機能とか複数チームの管理機能とか

その他ブログなど

9月はAWSがDevDayというカンファレンスを開催したこともあってそのセッション資料が多めです。かくいう自分もブレイクアウトセッションをやらせてもらいました。

AWS CloudFormation と AWS SAM を使用したサーバーレスアプリケーションの開発とデプロイ | Amazon Web Services ブログ

AWS Amplifyを軸にした フルサーバーレスなアプリケーション構成 / Full serverless application on AWS Amplify - Speaker Deck

Cloud Runで新規サービスを構築・運用するためにSREとして取り組んだこと - ZOZO TECH BLOG

Javaの階層型コンパイルによるAWS Lambda 関数のパフォーマンス向上 | Amazon Web Services ブログ

サーバーレスにおけるべき等性の実装 (バッチ処理と分散トランザクション編) ~サーバーレスが気になる開発者に捧ぐ「べき等性」ことはじめ 第 4 回~ - builders.flash☆ - 変化を求めるデベロッパーを応援するウェブマガジン | AWS

AWS サーバーレスサービスによるマルチテナント SaaS ソリューションの構築 | Amazon Web Services ブログ

Operating Lambda: パフォーマンスの最適化 – Part 1 | Amazon Web Services ブログ

Operating Lambda: パフォーマンスの最適化 – Part 2 | Amazon Web Services ブログ

Operating Lambda: パフォーマンスの最適化 – Part 3 | Amazon Web Services ブログ

2021年版、サーバーレスのテスト手法を考える / Serverless Testing 2021 - Speaker Deck

AWSでISRの実現!その謎を解明すべくAmazonの奥地へと足を踏み入れる!! / Digging how to running ISR on AWS - Speaker Deck

Lambda@EdgeからCloudFront Functionsへの移行と CI / CDパイプラインの整備 / aws-dev-days-2021 - Speaker Deck

こちらはフォローアップ記事です → [AWS Dev Day Online Japan フォローアップ] ShifterにおけるCloudFront Functions / Lambda@edge運用について - 株式会社デジタルキューブ

AWS Step Functions × AWS SAMで実現する家族ノートの低運用コストETL基盤/ kazokunote-stepfunctions-awssam-etl - Speaker Deck

AWS Chalice 再入門 〜RESTful APIはやっぱり最高〜 - Speaker Deck

Lambda だけじゃもったいない。サーバーレス開発の第二歩目を踏み出そう/lets-take-second-step-in-serverless-development - Speaker Deck

最後に

ちょうど一年前から始めたこのアップデート紹介の配信なんですが、僕自身のスケジュールとモチベーションの問題から年内をもって終わりにしようかと思います。

というのも今年の途中からはAWSの人ではなくなったんですけど、そうすると提供できる情報としては見てくれている皆さんと変わらないといえるわけです。加えてぼちぼち忙しくなったり、第二子が生まれたりでなかなか時間取るのも難しくなったことや、AWS以外も扱うようにした結果、各トピックの中身にまではあまり触れることができずなおさら別に僕がやらなくてもいいのではないかという風に思えてきてしまったのです。

あとは、これまで個人的にサーバーレス ≒ AWS Lambdaとそれを中心とする周辺サービスという感じで扱ってきていて、Google CloudやAzureについても同等のサービスに絞って紹介してきました。でも特にここ数ヶ月感じているのはこれらのサービスの進化は一定程度落ち着きを見せたのかなと。その結果、アップデートとしてはあまり大きなものがなくなっている気がします。特にGoogle CloudとAzureに至っては各社の戦略上そこを本気でやるという感じでもなさそうですし、FaaS以外にもより広がりを見せています。また、メガクラウドベンダー以外にも一点突破型で存在感のあるサービスも増えてきました。

そんなこんなでこれならば以前やっていた『サーバーレスアンチパターン今昔物語』的な内容のものを不定期でやったほうが自分的に楽しめるかなと思っている次第です。

というわけでマンスリーアップデートとしては年内いっぱいでおしまいにしようと思ってます。もしかしたら年内いっぱいやらないかもだけど、re:Invent回はやりたいな。

©Keisuke Nishitani, 2020   プライバシーポリシー